ホーム » コンビニのカード比較 » 

100円で1ポイントのnanacoとどっちがお得?|セブンカードプラスがお得

読了までの目安時間:約 3分

スポンサーリンク


 

セブン・イレブンで買い物をしていると、

nanacoを使っている人をよく見かけます。

 

 

もちろん私も持っていますし使っています。

 

 

最近、特にセブン・イレブンの新しいお店が、

会社の近くに出来たので頻繁に使うようになりました。

 

 

その新しいお店が出来てすぐにnanacoを作って

使い始めたのですが、最近、気がついたことがあります。

 

 

nanacoは、電子マネーなのでキャッシュレスで便利な上に

ポイントまで貯まるのでとてもありがたいカードです。

 

 

しかし、その時に一緒に募集していたセブンカードプラスだと

nanacoよりも得することに気が付きました。

 

 

まず、ポイントですが、200円で3ポイントなので、

nanacoの1.5倍のポイントが付きます。

 

 

ただ、セブンカフェのコーヒーだけを買った時には、

ポイントが付かないと思っていました。

 

 

しかし、これは大きな勘違いだったんです。

 

 

セブンカードプラスはクレジットカードなので、

ポイントが付くのは1ヶ月分の利用金額に対してです。

 

 

ということは、一回の買い物が100円だったとしても、

1ヶ月合計では、間違いなく200円は超えるので、

nanacoよりもたくさんポイントが付くことになります。

 

 

最近このことに気がついたので、

セブンカードプラスを作ることにしました。

 

 

私がセブン・イレブンで一番利用するのはコーヒーで

次がお弁当なので少額の場合が多い ですが、

セブンカードプラスにしておけば1ヶ月でそこそこの

ポイントが貯まると思います。

 
 

スポンサーリンク

コンビニで使い勝手の良いポイントカードは?|nanacoとPonta比較

読了までの目安時間:約 4分

スポンサーリンク


 

コンビニで使い勝手の良いポイントカードは何ですか?

 

 

っていうか、使い勝手の良いコンビにはどこですか?

というのを考えるのが先だと思います。

 

 

まずは、近所や通勤途中、会社の近くなどの毎日の生活の中で

必ずと言っていいほど通る場所にどのコンビニがあるのかが

重要なポイントになってきますよね。

 

 

その上で、何種類かのコンビニがある場合に、

多分両方をそれなりに利用するんでしょうけど、

ポイントカードもコンビニを選ぶ要素の一つになります。

 

 

私の生活圏には、セブン・イレブンとローソンがほぼ同じぐらいの

店舗数があるので、セブン・イレブンのナナコとローソンのPontaを

比べてみたいと思います。

 

 

ここで一つ気がついたのですが、
ポイントカードとしてと思ったのですが、そもそもnanacoは
電子マネーなので、Pontaとは根本的に違うのですが、
ポイントが付くカードとして考えてみます。

 

 

まず、nanacoもPontaも100円で1ポイント貯まるところは

同じで、貯まったポイントが自由に使えることまで同じです。

 

 

nanacoは貯まったポイントを電子マネーとして利用するので、

貯めたポイントにもポイントが付くことになり、

ちょっとだけ得した気分になります。

 

 

Pontaは、来店ポイントがつくので、レジで精算するごとに

1ポイントずつ貯まります。これは、少ないようで意外とお得です。

 

 

こうしてポイントの付き方だけを見てみると、

ちょっとだけPontaの方がいいような気がします。

 

 

あとは、nanacoは電子マネーなので、

キャッシュレスで買い物ができる便利さがあるとか、

普通は現金じゃないと払えないコンビニ払いの払込票の

支払いにも使えるところが便利なところです。

 

 

実は、この辺りの用途で上手に利用することで、

Pontaよりもたくさんのポイントをゲットすることが出来ます。

 
 

そのためには、nanacoにチャージをすると

ポイントが貯まるクレジットカードが必要になるので、

ポイントカードの比較としてはちょっと裏技になるので、

ここで詳しく触れるのは控えておきますが、ちょっとお得な方法です。

 

 

結局クレジットカードの方がお得なのかなという気もしますが、

今回はあくまでポイントカードとして比べてみました。

 

 

結果的にどっちが良いかというと、
総合的にはnanacoのほうが使いやすいのですが、
ポイントカードとしてみるとPontaの方が上かもしれません。
 
 

スポンサーリンク

コンビニで使い勝手の良いカードは?|nanacoとカルワザクラブ比較

読了までの目安時間:約 3分

全国の主要なコンビニはポイントカードや電子マネー、クレジットカードを

だいたい発行していて、そのカードを使うとちょっとだけお得です。

 

 

コンビニで買物をしていると、結構、カードを出している人を

見かけるのですが、多いのはそのコンビニの自社カードです。

 

 

例えば、セブン・イレブンだったらnanaco、

ローソンだったらPonta、ファミリーマートだったらTカード、

サークルKだったらカルワザクラブという感じです。

 

 

その中でも、実はあまり見かける頻度が少ないのが、

カルワザクラブのカードです。

 

 

なんでかなと思って調べてみたんですが、

カルワザクラブは自社のカードですが、楽天Edyなどの

電子マネーを登録して電子マネーで買い物をするカードのようです。

 

 

しかも、カードを発行するのに300円かかるので、

モバイルで使っている人が多いみたいです。

 

 

カードを発行するのに300円かかることでいうと、

セブン・イレブンのnanacoも同じように300円かかるのですが、

セブン・イレブンではnanacoのカード版を出している人を

かなりの頻度で見かけます。

 

 

この辺りは知名度の違いなんですかね。

 

 

私もnanacoは持っていて、よく使っていますが、

カルワザクラブはカード版もモバイル版も持っていません。

 

 

サークルKは、近所にあるので時々利用するのですが、

利用頻度が低いので作っていません。

 

 

カードそのものの使い勝手では、それほど差はないのですが、

どうしても圧倒的な店舗数とイトーヨーカドーなどでも使えることを

考えるとどうしてもnanacoが便利で使ってしまいます。

コンビニで使い勝手の良い電子マネーは?|nanacoとWAON比較

読了までの目安時間:約 3分

大手のコンビニで電子マネーが使えないコンビニは聞いたことがありません。

 

 

特にEdyは、どのコンビニとも利害関係がないので、

全社共通で使える便利な電子マネーです。

 

 

ただ、残念なことにEdyは単独で利用しただけでは、

ポイントが貯まらないので、他のポイントカードと組み合わせで

使う必要があります。

 

 

先ほど、利害関係という言葉で書いたのですが、

これは自社や関連会社の電子マネーではないということです。

 

 

逆に、セブンイレブンのnanaco、ミニストップのWAONは

それぞれ自社の関連会社が発行している電子マネーなので、

利用をすることで、いろいろな特典があります。

 

 

まず、オーソドックスな機能としては、ポイントが貯まります。

 

 

nanacoは100円で1ポイント、

WAONは200円で1ポイントです。

 

 

これだけを見るとセブン・イレブンのnanacoの方がお得ですね。

 

 

でも、さすがに関連会社が発行している電子マネーなので、

特典はこれだけではありません。

 

 

セブン・イレブンでnanacoを使って買い物をすると

100円で1ポイントに加えてボーナスポイントが付く商品があります。

 

 

これは、例えば120円のジュースだったら、普通は1ポイントだけですが、

ボーナスポイント対象商品だったら、10ポイント程度のポイントが

多く付くんです。

 

 

どうせジュースを買うのなら、少しでも多くのポイントが

もらえる商品を選んだほうがお得ですよね。

 

 

ミニストップのWAONでも同じようにボーナスポイントがあって、

内容はセブン・イレブンのnanacoと同じです。

 

 

こうやって比べてみるとコンビニの電子マネーは

似たようなことをやっているんですけど、

結局普通のポイントが多くつくぶんnanacoの方が

お得ですし、nanacoの方が少額でポイントが付くので、

やっぱりnanacoがお得です。

 

コンビニで使い勝手の良いクレジットカードは?|セブンプラスとファミマT比較

読了までの目安時間:約 4分

日本全国大体のところには、セブン・イレブンとローソン、

ファミリーマートの3社のコンビニエンスストアがあります。

 

 

ファミリーマートこそ、まだ1万店舗を超えていませんが、

3社合わせると3万店舗を超えます。

 

 

3社でこれだけの店舗があると大体近所や通勤途中、会社の近くに

2社ぐらいの店舗があることが多いのではないでしょうか。

 

 

実際、私の近所には3社ともお店がありますし、

会社の近くにも2社の店舗があります。

 

 

そして、このコンビニを選ぶときにあなたは何を基準に

選んでいますか?

 

 

もちろん良い商品があること、利用するサービスがあることなど

欠かせない要素はあるものの、それぞれが発行している

クレジットカードがどれほどお得なのかも大事な要素の一つです。

 

 

そこで、私の会社の近くにあるセブン・イレブンと

ファミリーマートのクレジットカードをちょっと

比べてみたいと思います。

 

 

まず、セブン・イレブンには、セブンカードプラスという

クレジットカードがあって、1.5%分のポイントが貯まります。

 

 

しかも、セブンカードプラスは、電子マネーのnanaco一体型と

紐付け型を選ぶことができて、貯めたポイントを電子マネーの

nanacoとして利用することができるすぐれものです。

 

 

一方、ファミリーマートには、ファミマTカードという

クレジットカードがあって、1.5%分のポイントが貯まります。

 

 

しかも、貯まるポイントはTポイントなので、

ファミリーマート以外でも 使うことができるので、

とても使い勝手の良いポイントです。

 

 

これじゃあ、どっちが良いのかわからないのですが、

一つだけファミマTカードに気になる点があります。

 

 

それは、クレジットで買い物をすると全てがリボ払いになるので、

そのまま次の月に予定金額通りの支払いをすると、

手数料がついてしまうことです。

 

 

どちらもとても使い勝手が良くて、1.5%分もポイントが

貯まるので、良いカードですが少しセブンカードプラスのほうが

リードしているかなといった感じです。
 

最近の投稿
少額決済がお得なカード
スポンサーリンク