ホーム » コンビニのカード比較 » コンビニで使い勝手の良いカードは?|nanacoとカルワザクラブ比較

コンビニで使い勝手の良いカードは?|nanacoとカルワザクラブ比較

読了までの目安時間:約 3分

全国の主要なコンビニはポイントカードや電子マネー、クレジットカードを

だいたい発行していて、そのカードを使うとちょっとだけお得です。

 

 

コンビニで買物をしていると、結構、カードを出している人を

見かけるのですが、多いのはそのコンビニの自社カードです。

 

 

例えば、セブン・イレブンだったらnanaco、

ローソンだったらPonta、ファミリーマートだったらTカード、

サークルKだったらカルワザクラブという感じです。

 

 

その中でも、実はあまり見かける頻度が少ないのが、

カルワザクラブのカードです。

 

 

なんでかなと思って調べてみたんですが、

カルワザクラブは自社のカードですが、楽天Edyなどの

電子マネーを登録して電子マネーで買い物をするカードのようです。

 

 

しかも、カードを発行するのに300円かかるので、

モバイルで使っている人が多いみたいです。

 

 

カードを発行するのに300円かかることでいうと、

セブン・イレブンのnanacoも同じように300円かかるのですが、

セブン・イレブンではnanacoのカード版を出している人を

かなりの頻度で見かけます。

 

 

この辺りは知名度の違いなんですかね。

 

 

私もnanacoは持っていて、よく使っていますが、

カルワザクラブはカード版もモバイル版も持っていません。

 

 

サークルKは、近所にあるので時々利用するのですが、

利用頻度が低いので作っていません。

 

 

カードそのものの使い勝手では、それほど差はないのですが、

どうしても圧倒的な店舗数とイトーヨーカドーなどでも使えることを

考えるとどうしてもnanacoが便利で使ってしまいます。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
少額決済がお得なカード
スポンサーリンク